薬剤師の求人なら住宅手当より社宅の方が断然お得!

薬剤師の画像

引越しを伴う転職、単身赴任、離婚や別居など訳があって家を出なくてはいけなくなった方、節約したい方などなど・・・

物件探しから手続きまでとても面倒ですし家賃も高いですから、社宅や寮が完備されている薬剤師の求人をお探しですよね。
薬剤師なら社宅や寮など福利厚生の充実した求人が豊富!
住宅手当(補助)より社宅や寮の方が数倍お得なのにはちゃんと理由があるんです。

住宅手当(補助)より社宅のほうがお得!

平均よりもお給料の良い薬剤師、でも家賃の出費は痛いですよね。
住宅手当(補助)は3万円未満が8割で、一番多い層が1〜2万未満とあまり期待できません。
社宅なら家賃が半額以下、一般家賃の20〜50%に抑えられます。
8万円が相場の付近(東京ならならワンルームでも8万円位しちゃいます)に1万6千円〜4万円で住める計算になります。
6万4千円〜4万円もお得なんです。
会社に負担をかけてまで社宅や寮を完備してくれるなんて感謝感激!と思いますよね?
でも実は会社にも利益があり、Win-Winの関係なんです。

社宅や寮は双方に利益がある!

住宅手当(補助)は課税対象

社員側は住宅手当(補助)を給料に上乗せするしたことにより、納税額もアップします。少ない住宅手当(補助)をもらっても結局消えてゆく・・・
会社側は社員の給与所得が増えることで会社側が半分負担している保険料の増大、納税額の増大とかなりの痛手。

社宅や寮は非課税

社員側は納税額のアップの心配がなく、破格な家賃で超お得!
会社側は保険料や納税額の増大がなく、固定資産財産として社宅や寮を資産価値を高める材料としても利用できる!

社宅や寮は双方が利益を得られる、まさにWin-Winです!

会社側は社宅や寮を持つ為に面倒な手続きがありますが、それをしてでも社宅や寮を完備するのは、それだけ会社側が受ける利益が大きいということです。

社宅や寮は双方に利益がある!

会社側のもう1つの利益は社宅や寮を用意し福利厚生を充実させることで、社員のモチベーションを上げ社員の流出を防ぐことができることです。
薬剤師として働くのに一番の出費はやはり家賃。それが半額になると浮いたぶんを他に回せますから、生活が潤うことは間違いないでしょう。
これだけ働きやすい環境を与えてくれるんだから会社の為にがんばろう、とモチベーションもアップし、会社を大切にしますよね。

社宅や寮は双方が利益を得られる、まさにWin-Winです!

 

薬剤師の社宅あり求人を探そう!

なるべく働きやすい環境を作ってあげたい会社と、なるべく沢山収入を得たい社員。
それを叶えるには社宅や寮がもってこいと言うわけです。
本当に社員のことを考えている企業なら、結局相殺されてしまう住宅手当(補助)より社宅や寮を選ぶはずです。
社宅や寮は双方利益があるので、社宅や寮を完備しているからといって敷居を高く感じる必要はありません。
薬剤師なら福利厚生が充実している企業が多いですが、社宅や寮を完備している企業は多くはないため探すのに苦労しますよね。

薬剤師の社宅ありの求人はどこで見られるの?

社員の給与所得アップによる保険料や納税額の増大が痛手となるくらいですから大企業の可能性がありますね。
そして沢山の面倒な手続きをしてでも社宅や寮を完備した優良企業でしょう。
そういった大企業や優良企業は一般公開されている求人が少ないため、普通の人が目にすることはありません。
薬剤師の資格があれば、全国どこでも高給で求人がありますが、大企業や優良企業の求人を見るたり紹介してもらうためには厚生労働省認可の薬剤師支援サイトに登録する必要があります。
薬剤師専門ですから、その道に詳しいキャリアアドバイザーの方ががっちりサポートしてくれます。
社宅や寮を完備した優良企業の非公開求人が豊富なおすすめの薬剤師支援サイトをご紹介します。
大手3つに登録しておけばかなりの数の薬剤師社宅ありの非公開求人が集まりますよ!

 

リクナビ

マイナビ

薬キャリ